2021年 6月 19日 (土)

救世主?若手の成長阻害? 山口俊「巨人復帰」濃厚も手放しで喜べない理由

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

    米メジャーリーグのジャイアンツ傘下3Aサクラメントの山口俊投手(33)が2021年6月2日(日本時間3日)、インスタグラムで帰国を決断したことを報告した。

   山口は19年オフにポスティングシステムで巨人からブルージェイズに移籍。ブルージェイズではリリーフとして起用され、17試合に登板して2勝4敗、防御率は8.06。今年2月にブルージェイズを戦力外となりジャイアンツとマイナー契約を結び、3Aで5試合に登板して0勝3敗、防御率6.17の成績だった。

  • 山口俊(写真:AP/アフロ)
    山口俊(写真:AP/アフロ)
  • 山口俊(写真:AP/アフロ)

山口「日本に帰国することを決断しました」

   山口はインスタグラムで「日本に帰国することを決断しました」とファンに向けて報告し、「夢を追ってメジャーに挑戦しましたが、力及ばずシーズン途中での帰国となります」と胸中を明かした。

   今後は日本球界復帰を目指すことになり、その移籍先が注目される。有力視されるのが、古巣となる巨人で山口獲得に乗り出す可能性は高いとみられる。

   巨人はエース菅野智之(31)が右肘の違和感で離脱しており、先発ローテーションに入っていた畠世周(27)は現在、中継ぎに回っている。ローテ定着が期待されていた今村信貴(27)は5月24日に出場選手登録を抹消。先発陣の台所事情は苦しく、即戦力として期待できる山口の復帰が望まれる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中