2021年 6月 19日 (土)

「破天荒キャラ」から「論破王」へ...ひろゆき氏の評価がうなぎ上り  一体なぜ?識者が指摘した「深い理由」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   インターネットの話題で名字を付けずに、単に「ひろゆき」と言った場合、それはまず間違いなく、ネット掲示板「2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)」開設者の西村博之さん(44=以下、ひろゆきさん)のことである。そのひろゆきさんだが、最近、実に評判が良いのだ。なんでも、ネット上に上がっている声を見てみると、「ひろゆきのツッコミは正論中の正論」といった絶賛が上がることが多いのである。

  • 「ひろゆき」こと西村博之さん(2007年撮影)
    「ひろゆき」こと西村博之さん(2007年撮影)
  • 「ひろゆき」こと西村博之さん(2007年撮影)

「ひろゆきって基本論破するの好きだなぁ...」

   試しに、2021年5月31日に「ダイヤモンド・オンライン」が公開した、本人のインタビュー記事を見てみよう。タイトルは「【論破王】ひろゆきが『スマホ脳はヤバイ』と語るワケ」というもので、「『SNS』を見すぎじゃないか?」との小見出しの件では、ネットユーザーのありがちな行動パターンとして、

「匿名で鍵アカを作って、自分の知り合いとか、ファンの芸能人の情報だけを見ている人がほとんどです。それって、かなり偏った状態で、インターネットの恩恵にあずかっていないわけです。かなり限られた情報だけを見て、『これが普通だ』と認識してしまうおそれがあります」

と、理路整然とネットユーザーのありがちな「ダメな点」を指摘するなどしている。この記事に対しては上記の件も含める形で、「本当にそう」「その通り過ぎて」といったツイートが飛び出すなどしており、多数の賛同を集めているのだ。

   また、特定のインタビュー記事に限らず、「ひろゆきって基本論破するの好きだなぁ...」と、本人が討論の際に相手を正論で論破することが多いとしつつ、それを評価する声も多い。そのためか、前述の本人のインタビューのタイトルを見ると分かるが、タイトルの冒頭には「【論破王】」との文字が冠されているほどである。「【時代の論客】」と称えるダイヤモンド・オンラインの記事も見つかる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中