2021年 6月 23日 (水)

小林誠司の「鬼肩」にG党鳥肌 トレード憶測飛び交う中...今季初スタメンで強烈存在感

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロ野球の巨人・小林誠司捕手(32)の「鬼肩」にG党が歓喜した。

   巨人は2021年6月6日、東京ドームで日ハムと対戦し、小林が今季初めてスタメン出場した。右肘の違和感で離脱していた先発・菅野智之(31)が5月7日のヤクルト戦以来の実践復帰し「スガコバ」コンビが復活。チームは2-4で敗れたものの、小林が持ち前の強肩で存在感をアピールした。

  • YUTAKA/アフロスポーツ
    YUTAKA/アフロスポーツ
  • YUTAKA/アフロスポーツ

「サニブラウンに勝った男」は刺せなかったが...

   見せ場は初回に訪れた。菅野が先頭・五十幡亮汰(22)にライト前に運ばれ無死1塁となった。

   五十幡は中学時代に陸上のサニブラウン・ハキーム選手(元男子100メートル日本記録保持者)に勝って全国を制した経験を持つ俊足選手だ。「サニブラウンに勝った男」の愛称でも知られる。

   そんな五十幡は今季、8度盗塁を試みて7つの盗塁を記録。日ハムベンチが仕掛けてくるか、小林は阻止できるか。試合開始早々に早くもドームがヒートアップした。

   打席の渡邉諒(26)は初球にバントの構えを見せるもストライクを見逃した。続く2球目はインコースに外れカウント1-1。菅野が投じた3球目に五十幡がスタートを切った。小林は素早く2塁に送球し、微妙なタイミングながら判定はアウト。塁上の五十幡は両腕を広げ「セーフ」をアピールした。

   この判定を巡り日ハム・栗山英樹監督(60)がリクエストを要求。リプレー検証の結果、判定が覆りセーフとなり五十幡の盗塁が記録された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中