2021年 6月 21日 (月)

蒙古タンメン中本騒動、「決着後」も止まない批判 小林礼奈「マナーの悪い事をした覚えも、させた覚えも無い」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   タレントの小林礼奈さん(29)が2021年6月11日、ラーメン店での騒動をめぐり、一部の批判に反論している。

  • 小林さんのブログより
    小林さんのブログより
  • 小林さんのブログより

「何度も何度も同じ事で質問や批判されるので......」

   小林さんは今月初旬、ラーメンチェーン「蒙古タンメン中本」で娘と食事をしていた際に、順番待ちをしていた家族客から「遅えよ」と急かされ、その後店員からも席を譲るよう声をかけられたとブログで報告していた。この投稿に対しては、客の心ない言葉への批判や小林さん側にも問題があるのではとの指摘など、議論を呼んでいた。

   9日には蒙古タンメン中本が公式サイトで騒動についての見解と謝罪文を投稿しており、小林さんもこれを受け入れ、10日に「ご説明申し訳上げます。」(原文ママ)と題した動画をユーチューブに投稿した。同日にはブログでも経緯の説明と店の名前を出してしまったことへの謝罪を投稿している。

「私たちが、トラブルに合ったのは 心ない言葉を受けたのは お店や店員さんでは決して無く、お客さんです 客同士のトラブルです。お店を巻き込んでしまいご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした」

   騒動は決着したかに見えたが、小林さんは11日に、「YouTubeでも話していますが」とのブログを更新した。再三にわたる説明にもかかわらず批判的な意見が届いているとして、「昨日アップしたYouTubeで話していますが見ていないのでしょうか」と不満を漏らしている。

   「何度も何度も同じ事で質問や批判されるのでブログでその事も詳細に話しますが」と前置きし、「食事中、子供を遊ばせていたのではないか」「食べずに大人が会話していたのではないか」との意見に反論した。

   前者の意見には、子供同士でおしゃべりをしていたものの食事中の会話であり、食事に集中しない場合は親である小林さんか同席した友人が止めていたと説明した。

「子供同士がソファー内で会話していた事を『遊んでいた』と表現されるのなら、『遊んでいた』になるのかもしれませんが 店内で明らかに『遊んでいるな』と判断しているなら 親の私かママが止めにかかっています マナーの悪い事をした覚えも、させた覚えも無いと思います」

   後者には、激辛ラーメン店という事情から、休憩をはさみつつ食事をしていたと説明した。日常会話の範疇(はんちゅう)であるとしている。

「食べている途中に食べながら『おいしいね?辛いね?』そんな日常会話もしながら私は食べ終わったママ友と会話は多少していました。それは『食べながら』です 辛いので水を飲んだり一瞬休んだりはします。」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中