2021年 6月 23日 (水)

現代版「トキワ荘」が誕生!団地リノベでシェアハウスに すでにほぼ満室、「漫画家が切磋琢磨できる場に」企画者が込めた思い

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   手塚治虫、藤子不二雄ら有名漫画家たちが居住していたことで知られる「トキワ荘」。その名を冠した漫画家、漫画家志望者向けの大規模シェアハウス「多摩トキワソウ団地」が2021年6月1日、東京日野市に誕生した。

   コロナ禍でリモートワークが普及した日本。自宅で一人仕事ができることを歓迎する人も多い中、なぜ「対面」の空間づくりにこだわったのか。

  • 漫画家たちが暮らす「多摩トキワソウ団地」(ニュースリリースより)
    漫画家たちが暮らす「多摩トキワソウ団地」(ニュースリリースより)
  • 漫画家たちが暮らす「多摩トキワソウ団地」(ニュースリリースより)

「視野」広げるシェアハウス

   JR新宿駅から中央線特別快速に揺られること、およそ30分。豊田駅(日野市)を降り立ち、北へ6分ほど歩くと、白い塗装の住宅団地が見えてくる。築50年を超える団地を改装したシェアハウス「りえんと多摩平」だ。この一区画に、漫画家たちが暮らすシェアハウス「多摩トキワソウ団地」はある。

   シェアハウスは個室3室で1ユニットを構成し、各室にデスク、ベッド、エアコン、冷蔵庫を標準装備。共用部のラウンジでは、ほかのユニットに住む仲間とコミュニケーションがとれる。家賃・管理費含め、5万円台から居住可能だ。

   運営するのは、特定非営利活動法人のNEWVERY(東京都)。首都圏で漫画家向けシェアハウス事業「トキワ荘プロジェクト」を展開し、これまで120人以上のプロを輩出してきた。今回の多摩トキワソウ団地には、既存のシェアハウス7棟を集約する目的もあるが、NEWVERYの菊池蓉子さんは6月7日、J-CASTニュースの取材にこう話す。

「多くの作家さんが共同生活をすることで、いろいろな価値観、人生観を知り、作家としての視野が広がっていくのではないか。そう考え、多摩トキワソウ団地をオープンしました」

   6月1日にオープンした多摩トキワソウ団地。取材日時点で、定員29室のうち28室で入居が決まった。今後はさらに部屋を増やす予定だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中