2021年 8月 3日 (火)

JR東「三連休東日本・函館パス」ついに廃止 前身含めて20年の歴史に幕...ショック広がる

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   JR東日本は2021年6月13日、「三連休東日本・函館パス」の発売を今年度分から取りやめると発表した。

   前身の「三連休パス」から20年近くにわたって発売されてきた東日本エリアのフリー切符だったが、2020年をもって販売を終了。鉄道旅行の自由度が減ってしまうかもしれないとトラベラーの間に波紋が広がった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

グループでもソロでもOK

   「三連休東日本・函館パス」は2020年まで毎年3連休シーズンに利用可能で、JR東日本の全エリアとJR北海道函館エリアの普通列車に乗り放題、かつ特急券購入により新幹線・特急にも乗車可能な切符だ。さらにかつてJR線だった一部の第3セクター鉄道も利用可能だった。2020年度は大人1万4370円、小児4390円で発売された。

   いわば東日本エリア版の「青春18きっぷ」のようなフリー切符で、かつ優等列車への乗車条件は青春18きっぷよりお得だったが、前身の切符「三連休パス」に比べると使用条件は厳しくなっていた。

   2001年に発売が始まった三連休パスではJR東日本全エリアとJR北海道函館駅以南をフリーエリアとし、新幹線・特急・急行の普通車自由席が乗り放題であった。三連休パスが2010年度に「スリーデーパス」に発展した際に見直され、発売価格が値下げされた一方で新幹線・特急の乗車には別途特急券の購入が必要になった。以後、名称の変更や北海道新幹線の開業を経つつも、三連休期間に使いやすい切符として利用されてきた。

   条件の変更がありながらも20年近くにわたって利用されてきた背景には、切符の自由度が高く年齢制限もなく1人から使えたことにある。グループでもソロ旅行でも使える切符として、3連休期間や秋のシルバーウィークには旅行者も鉄道ファンも重宝する切符だった。

   このため、これからの夏・秋の連休シーズンに三連休東日本・函館パスで旅行の計画を立てていたユーザーからは「ショック」という声も相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中