2021年 8月 4日 (水)

スモーク退団で大ピンチの巨人 一塁の穴は誰が...「緊急補強」の可能性浮上

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   プロ野球の巨人は2021年6月17日、ジャスティン・スモーク内野手(34)が米国に帰国することになったと発表した。このまま退団する見通しで、球団は今後、ウエイバーの公示を進めていく予定だという。

   スモークはメジャー通算196本塁打を記録し、今季は34試合に出場し打率.272、7本塁打、14打点をマーク。打線の主軸を担う大砲として今季加入したばかりだったが、6月中旬で離脱することになった。18日から首位阪神との3連戦を控えるなかで、チームにとって大きな痛手となりそうだ。

コロナ禍で家族のビザ発給困難に

   スポーツ各紙によると、スモークは米国で暮らす家族との生活を求め日本を離れることを決意したという。スモークの家族は新型コロナウイルスの影響でビザ発給が困難にあり、来日出来ずにいた。スモークは家族と日本での暮らしを望んでいたが、それが叶わず自ら球団に退団を申し入れたという。

   巨人はこの日午後、公式サイトでスモークのコメントを発表。スモークは現在の心境を次のように吐露し、ファンに対して謝罪の念を表した。

「新型コロナウイルスの影響で家族が来日できない状況は私にとってつらく、米国に帰国して家族と過ごすという決断をしました。精一杯プレーしているチームメート、ファンの方々には申し訳ない気持ちです。監督をはじめチームには親身に接して頂き、感謝しています」

   巨人は今季獲得した2人の外国人選手がチームを離脱した。メジャー通算96本塁打で長距離砲として期待されたエリック・テームズ(34)はデビュー戦となった4月27日のヤクルト戦で右アキレス腱を断裂し、手術を受けるため米国に帰国。今季の復帰は絶望的とみられている。テームズに続くスモークの離脱がチームに与える影響は計り知れない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中