2021年 7月 26日 (月)

ドラゴン桜、衝撃の裏切りに「半沢直樹」ファン仰天のわけ 「全てが今日のための伏線だった」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   俳優の阿部寛さんが主演を務めるドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)第9話が2021年6月20日に放送され、これまで東大専科を応援していた人物のまさかの裏切りに、大人気ドラマ「半沢直樹」ファンから阿鼻叫喚の声があがっている。

  • 「ドラゴン桜」主演の阿部寛さん(2017年撮影)
    「ドラゴン桜」主演の阿部寛さん(2017年撮影)
  • 「ドラゴン桜」主演の阿部寛さん(2017年撮影)

学園売却阻止の糸口を見つける

   ドラマは、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で連載された三田紀房さんによる「ドラゴン桜2」を原作に実写化。主人公は、偏差値30台の落ちこぼれ高校から東京大学合格者を輩出する元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部さん)で、2005年に放送されたドラマ「ドラゴン桜」から15年後を描いた続編だ。

   ※以下、ネタバレを含みます。

   第9話「東大&買収劇W大逆転前編!そして運命の共通テスト」では、龍海学園高校の東大専科メンバーが大学入学共通テストに臨む。予定通り得点できた者、二次試験を受験するための水準に達しないものを切り捨てる「足切り」にひっかかってしまいそうな者、理系学部から文系学部に文転し合格を優先する者など、さまざまな結果となった。

   その一方で、学園売却問題に大きな変化が。売却反対派の現理事長・龍野久美子(江口のりこさん)は、売却賛成派で父親の先代理事長と「東大合格者が5人以上出たら理事長を辞職する」という約束を交わしている。

   桜木の元教え子で弁護士・水野直美(長澤まさみさん)は、学園売却を阻止するために、さまざまな学園資料を読み漁り、ついに「理事長が理事会の過半数で選任された場合でも、学園に属する全教員の4分の3が異議を申し立てた場合には否決される」という条項を発見。仮に久美子が解任されても、売却賛成派が理事長に就任するのを阻止できる可能性が浮上した。もちろん教師全員が学園売却に反対するであろうことから、軍配は反対派に上がるかと思われた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中