2021年 8月 2日 (月)

鉄道各社が「有料特急」に力を入れるワケ 狙いは「3密回避」需要...利用者増へ施策続々

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   有料特急の利用機会を少しでも増やそうと、鉄道各社が様々な工夫を凝らしている。

   その一つが、有料特急「ラピート」や「サザン」などを運行する南海電気鉄道が2021年7月3日から導入する新施策。特急停車駅の券売機で、特急券が購入できるようになるというサービスだ。

  • 南海「ラピート」
    南海「ラピート」
  • 京阪「プレミアムカー」
    京阪「プレミアムカー」
  • 南海「ラピート」
  • 京阪「プレミアムカー」

特急停車駅の券売機で特急券が購入できる

   南海電鉄は6月17日、特急停車駅の一部券売機(ピンク色の券売機、グレー色の券売機)で特急券等の購入が可能になると発表した。

   現在はオンライン利用のほか、主要駅の駅窓口、泉北線各駅(深井駅除く)、南海国際旅行主要営業所、全国旅行代理店もしくは当日空席がある場合は指定席自動販売機で購入できる。

   今回、新たに券売機で購入できるようになるのは特急券・座席指定券、乗車券付き特急券・座席指定券、関空トク割 ラピートきっぷである。乗車日1か月前の10時から乗車日当日の券売機設置駅の列車出発時刻の5分前まで購入できる。

   南海としては特急券を購入しやすい環境を整えることで、特急列車の利用促進や駅窓口の混雑緩和を図る狙いがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中