2021年 7月 28日 (水)

小島瑠璃子「破局報道」にまさかの反応 キングダム読者「また面白くなってきたと思ったら...」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   タレントの小島瑠璃子さん(27)が「キングダム」の作者・原泰久さん(46)と破局していたと、「スポーツニッポン」が2021年6月28日に報じた。これに対し、キングダムの読者とみられるユーザーから、ネットにあらぬ声が上がっている。

   小島さんといえば、20年7月に「NEWSポストセブン」が原さんとの交際を報道。その後、2021年2月には「フライデー」の電子版が、2人が破局したと報じたが、3月には小島さんが出演した「ホンマでっか!」(フジテレビ系)の中で「幸せ」と自身の現状を説明しており、視聴者の間では2人が破局したか否かが話題になっていた。

   このため、破局報道に対しては「小島瑠璃子 彼氏と別れたの?」といった驚きの声が上がっているのだが、それと併せて「最近のキングダムまた面白くなってきたと思ったら、別れてたのかぁ」といった声も上がっているのだ。

  • 小島瑠璃子さん(2017年撮影)
    小島瑠璃子さん(2017年撮影)
  • 小島瑠璃子さん(2017年撮影)

全く根拠はないが・・・

   実は、キングダムをめぐっては、2020年に入ったあたりから、一部の読者から「つまらなくなった」との感想がネットに書き込まれていた。そんな中で出たのが、先述のポストセブンの交際報道だった。

   このためツイッターでは、作品の評判と交際報道を結び付けるユーザーが出ていた。なかには、原さんが小島さんに対してうつつを抜かしているのではないか、といった声すら上がっていた。

   もちろん、これはあくまで一部読者の指摘であり、何の根拠もない。ましてや、原さんと小島さんが交際していたことと、キングダムの作品としての出来栄えが連動しているか否かなどということ自体に因果関係を見出すことなどできないだろう。

   ただ、作品の内容に不満を抱いていた読者が、小島さんと原さんが破局したとの報道を見聞きすれば、「別れたことによって原さんの創作への意欲が復活した」と勝手に期待することは、あり得ないこととは言えないだろう。

   破局報道を受けてネット上には、先述のような声が出る一方で、作家のプライベートと作品は関係ないとみているのか、「これからのキングダムが面白ければ何でもいい」といった声も出ている。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中