2021年 7月 28日 (水)

リザードンが200万円?! 希少な1枚は「一種の資産」...ポケモンカード市場が超高騰する理由

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   全世界でプレイされるトレーディングカード「ポケモンカード」だが、今コレクションとしての価値もうなぎ上りのようだ。レアカードであれば数万円単位での取引も珍しくはないが、昨今は数百万円台での取引も発生しているという。過熱するコレクター市場を取材した。

  • 左が「かいりき」の初版リザードン、右がそれ以降の「かえん」リザードンで、その違いだけでこれだけ買取価格が違うこともある
    左が「かいりき」の初版リザードン、右がそれ以降の「かえん」リザードンで、その違いだけでこれだけ買取価格が違うこともある
  • 裏面が通常と異なるポケモンカードがある。旧デザインで「旧裏」と呼ばれる右のカードがそれだ
    裏面が通常と異なるポケモンカードがある。旧デザインで「旧裏」と呼ばれる右のカードがそれだ
  • 左が「かいりき」の初版リザードン、右がそれ以降の「かえん」リザードンで、その違いだけでこれだけ買取価格が違うこともある
  • 裏面が通常と異なるポケモンカードがある。旧デザインで「旧裏」と呼ばれる右のカードがそれだ

なぜ「かいりきリザードン」がレアなのか?

   2021年6月中旬、東京都内のポケモンカード買取専門店が「『リザードン(かいりき)』200万円買取!」とツイートした。その他のカードでも数十万円単位の買取が可能とツイートしており、様々な中古カード買取店の店頭で見かける売値(数千円~数万円が大半)と比べても極めて高額だ。

   古書・同人誌・玩具などあらゆる中古コレクターズアイテムの買取を行っている「まんだらけ」(東京都中野区)が、ポケモンカード買取市場の現況について取材に応じた。

   1996年に最初のカードが発売され、以後バージョンチェンジを繰り返しているポケモンカードは、多種多様なカードが中古市場でもコレクターの熱視線を浴びている。まんだらけカード部門責任者の田嶋宏一郎さんが解説する。

「欲しい人がいればニーズが生じますから、最新のカードから初版の古いカードまで様々なカードが取引されます。そして古いカードで状態が良いまま残っているものは枚数が少なく、市場に出回る機会が少ないです。それが初版のような古いカードに高値がつくシンプルな理由です。またそれ以後も、限定品のようなカードが発売されていますのでそれらもプレミアムな価値がつきます。一方で、価格というのは常に変動しますから、ある買取店でいくらの査定価格になったから別の買取業者でも同じ価格、という相場のようなものはありません」

   「リザードン」はもともと人気が高い。その中でもレア度が高いのは、初期の一部カードだ。本来「かえんポケモン」と書かれているリザードンだが、初版カードだけ「かいりきポケモン」と書かれて発売されていた。これは「かいりきリザードン」と呼ばれ、超高額買取の理由となっている。こういった「エラーカード」も珍重される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中