2021年 8月 3日 (火)

キムタクに楽屋挨拶したら...まさかの展開に Sexy Zone中島健人が明かした衝撃エピソード

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ジャニーズグループ「Sexy Zone」の中島健人さんが、2021年7月7日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演。エピソードから伝わる、リアル王子様ぶりに反響があがっている。

  • 木村拓哉さん(画像はイメージ)
    木村拓哉さん(画像はイメージ)
  • 木村拓哉さん(画像はイメージ)

「王子様キャラ」またも炸裂

   中島さんといえば、先日放送がスタートしたドラマ「彼女はキレイだった」(フジテレビ系)で、ヒロインを務める俳優の小芝風花さんの相手役として出演中。今回は、ジャニーズの先輩でありながら、気の置けない仲である「TOKIO」メンバーとともに、「王子様キャラ」の知られざる一面に迫った。

   番組恒例の質問企画「友達ってことで聞いていいですか?」では、ファンとの握手会について

「1日8万人と握手するので、1人あたり0.25秒くらいしか接せない。でもその瞬間に、どういう服装・髪型・メイクなのか受け止める。セクシーラバーズ(中島さんが用いるファンの呼称)のシュートを受け止める、セクシーキーパー」

と茶目っ気たっぷりに明かすと、共演者たちは笑いつつも感心。すると、中島さんは「TOKIO先輩たちの背中追いかけてたら、アイドルとして生まれた常識」と言い、これには国分太一さんも「気持ちいい!」と白旗をあげてしまう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中