2022年 10月 4日 (火)

キムタクに楽屋挨拶したら...まさかの展開に Sexy Zone中島健人が明かした衝撃エピソード

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ジャニーズグループ「Sexy Zone」の中島健人さんが、2021年7月7日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演。エピソードから伝わる、リアル王子様ぶりに反響があがっている。

  • 木村拓哉さん(画像はイメージ)
    木村拓哉さん(画像はイメージ)
  • 木村拓哉さん(画像はイメージ)

「王子様キャラ」またも炸裂

   中島さんといえば、先日放送がスタートしたドラマ「彼女はキレイだった」(フジテレビ系)で、ヒロインを務める俳優の小芝風花さんの相手役として出演中。今回は、ジャニーズの先輩でありながら、気の置けない仲である「TOKIO」メンバーとともに、「王子様キャラ」の知られざる一面に迫った。

   番組恒例の質問企画「友達ってことで聞いていいですか?」では、ファンとの握手会について

「1日8万人と握手するので、1人あたり0.25秒くらいしか接せない。でもその瞬間に、どういう服装・髪型・メイクなのか受け止める。セクシーラバーズ(中島さんが用いるファンの呼称)のシュートを受け止める、セクシーキーパー」

と茶目っ気たっぷりに明かすと、共演者たちは笑いつつも感心。すると、中島さんは「TOKIO先輩たちの背中追いかけてたら、アイドルとして生まれた常識」と言い、これには国分太一さんも「気持ちいい!」と白旗をあげてしまう。

「またひとつ名言生み出したな」

   また、大先輩である俳優・木村拓哉さんへの楽屋挨拶が緊張するとし、「ツンデレなときがある」とそっけなく返されることもしばしばあると告白。そんななか「会話をして、ちゃんと自分を知ってもらいたい」という思いで挨拶をした際のこと。

   テンパって「お願いします!」と威勢よく言ってしまい、木村さんから「何が?」との返答が。さらに焦った中島さんが咄嗟に「これからもです!」と言うと、木村さんから「そう」と返され、「その瞬間、(会話が出来たことに)『勝った...!』って思いました」と振り返った。

   ほかにも、家族ぐるみの付き合いがあるという東山紀之さんの娘2人を「プリンセス」呼びしていることや、「ジャニーズ事務所」を退所したタレントのことを「ジャニーズの向こう側に行った人」、会社の事務員を「デスクガール」と表現するなど、中島さんのワードセンスが次々とさく裂。

   そのような姿に、視聴者からは

「ケンティーの言葉ってなんか良いよね イヤな思いをする人いないよね」 「本当の王子様は彼だなとつくづく思った」
「ポエムチックに表現しててまたひとつ名言生み出したなと思いました(天才)」
「ケンティーの語彙力と頭のキレの良さにはびっくりするし尊敬」
「恐る恐るながらもきちんとキムタクさんにご挨拶に行くの素晴らしいし、勝ち負け付けるのも素晴らしい」

などと、その人柄に惹かれる声が多くあがっている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中