2021年 8月 4日 (水)

大谷翔平、あわや大惨事... 一塁塁審と交錯に「ボケっとしすぎ」「怪我しなくて良かった」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平投手(27)が、2021年7月12日の試合中に審判と交錯する場面があった。

  • 大谷翔平投手(2017年撮影)
    大谷翔平投手(2017年撮影)
  • 大谷翔平投手(2017年撮影)

走路になぜか審判が...

   マリナーズに4対1とリードして迎えた大谷の第四打席。強振してとらえた打球は、横っ飛びした一塁手のグラブをはじき、内野安打となった。

   全力疾走する大谷を待ち構えていたのは、一塁塁審だった。一塁線付近の走路に立っていたために大谷と交錯し、お互い驚いたようなジェスチャーを見せた。

   ぶつかる直前に2人とも身を翻したため、幸いにも激突とはならなかったが、ヒヤリとするシーンだった。

   SNSでは「なんであんなところに審判が立ってんだ?」「いくらなんでもボケっとしすぎ」との指摘や、「怪我しなくて良かった」と安堵する声が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中