2021年 7月 28日 (水)

バッハ会長の発言は「まさに詭弁」 豊田真由子氏が痛烈批判「なんて非科学的なことを...」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   元厚労省官僚、元衆議院議員の豊田真由子氏が2021年7月18日放送の「そこまで言って委員会NP」(読売テレビ)に出演し、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長の発言に率直に切り込んだ。

  • バッハ会長(写真:AFP/アフロ)
    バッハ会長(写真:AFP/アフロ)
  • バッハ会長(写真:AFP/アフロ)

豊田氏「老若男女みんな我慢している」

   番組では23日に開幕する東京五輪の「無観客開催」に関して「納得できる」「納得できない」を出演者に問う形で進められ、豊田氏は「納得できる」の立場を取った。

   豊田氏は新型コロナウイルス感染の現状を踏まえ、「感染状況を精緻に分析すると本当にこれは必要なんですかという話になると思います」と指摘し持論を展開した。

「ただ一方で今まで政策として日本は緊急事態宣言を繰り返してきて老若男女みんな我慢しているわけじゃないですか。そういう中で国民に対しての説得というか納得とか、不平等感をきちんと説明するという意味においてこの選択肢しかなかったのではないかなと思う」

   また、豊田氏はバッハ会長が菅総理、小池都知事と会談した時の模様をテレビで見たとし、バッハ会長の発言に対して胸の内をストレートに表現した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中