2021年 8月 2日 (月)

小山田圭吾、『月刊カドカワ』でもいじめ自慢 「小学校人生全部をかけて復讐した(笑)」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   雑誌『ロッキング・オン・ジャパン』『クイック・ジャパン』で、障害のある同級生へのいじめを告白していたミュージシャン・小山田圭吾氏(52)は、別の雑誌でもいじめた経験を語っていた。

  • 小山田圭吾氏のフェイスブックより
    小山田圭吾氏のフェイスブックより
  • 実際の記事
    実際の記事
  • 小山田圭吾氏のフェイスブックより
  • 実際の記事

小山田氏「反省することなく語っていたことは事実」

   東京五輪開会式の楽曲担当を務める小山田氏をめぐり、過去の発言が国内外で波紋を広げている。

   1994年1月発行の雑誌『ロッキング・オン・ジャパン』と、95年8月発行の『クイック・ジャパン』で、障害のある同級生らにいじめをしていたと語っていたことが発覚したためだ。

   小山田氏は2021年7月16日にツイッターで「過去の雑誌インタビューにおきまして、学生時代のクラスメイトおよび近隣学校の障がいを持つ方々に対する心ない発言や行為を、当時、反省することなく語っていたことは事実であり、非難されることは当然であると真摯に受け止めております」と非を認め、被害者に直接謝罪する意向を示した。

   『ロッキング・オン・ジャパン』の編集長で当該記事のインタビュアーだった山崎洋一郎氏も18日、「インタビュアーとしての姿勢、それを掲載した編集長としての判断、その全ては、いじめという問題に対しての倫理観や真摯さに欠ける間違った行為であると思います」などとする声明を出した。

   小山田氏は、『月刊カドカワ』1991年9月号でも、同様のエピソードを話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中