2021年 7月 28日 (水)

藤本タツキ「ルックバック」が与えた衝撃 「心臓の奥から泣いた」同業者・著名人・母校...止まぬ絶賛の声

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」に掲載されたマンガが、インターネット上を震わせた。話題となったのは2021年7月19日に公開された、「チェンソーマン」などで知られる藤本タツキさんによる新作読み切り漫画「ルックバック」。

   公開から半日過ぎた19日17時現在、ツイッター上のトレンドにも複数の関連ワードが。さらには、多くのマンガ家や著名人からも、同作に強い衝撃を受けたと激賞する声が相次いでいる。

  • チェンソーマン公式ツイッターアカウントより
    チェンソーマン公式ツイッターアカウントより
  • チェンソーマン公式ツイッターアカウントより

「いるのよ...天才って」

   「ルックバック」では、学生新聞で4コマ漫画を連載している小学4年生の藤野と、圧倒的な画力を持つ不登校の同級生・京本の交流が描かれる藤本さんによる新作読み切りで、ページ数は140ページ超に及ぶ。

   公開直後から大きな注目を集めた同作について、ジャンプ+編集長の細野修平さんは19日14時過ぎ、「閲覧数200万超えた!ジャンプ+初のスピード?」と驚きを露わにしている。

   多くのユーザーの心を打った同作をめぐっては、藤本さんのファンはもちろん、今回の新作でファンになったという声も多数寄せられた。さらには同業である漫画家たちの間でも大きな話題になっている。

   マンガ「代紋TAKE2」の作画担当を務めたマンガ家・渡辺潤さんはツイッター上でこう述べる。

「気軽にノーガードで読んでしまい一瞬、漫画家辞めようと思ってしまった。いや、まだ僕も足掻くけども。笑 いるのよ...天才って」

   マンガ「映像研には手を出すな!」を連載中の大童澄瞳さんもツイッター上で、同年代であることを意識し、「今までよりもう少し死の近くで漫画描くことにする」と抱負を語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中