2021年 9月 22日 (水)

金銭スキャンダル浮上、初代DeNA球団社長の過去 「選手たちの評判は最悪だった」元職員が語る実態

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   横浜市長選の不出馬を表明した横浜DeNAベイスターズの初代球団社長・池田純氏について、球団社長在任時に「多額の経費不正使用」があったと、複数の週刊誌が報じた。

   デイリー新潮の2021年7月15日記事によると、池田氏は「忍者ハットリくん」「未来少年コナン」などのアニメのDVDボックスセットに46万円、DeNAの本拠地・横浜や春季キャンプ地・沖縄での夜遊び代金などが経費で使用されていたという。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 池田純氏のツイッター
    池田純氏のツイッター
  • 画像はイメージ
  • 池田純氏のツイッター

「新たな活動探しの時間に入ります」

   横浜市出身の池田氏は住友商事、博報堂などを経て、07年に株式会社ディー・エヌ・エーに入社。11年にDeNAベイスターズの初代社長に就任し、16年まで社長を務めた。

   11年からの5年間で横浜スタジアムの友好的TOB(株式公開買い付け)を実現し、年間24億円あった赤字を解消して5億円を超える黒字へと転換。観客動員数も110万人から194万人に増やしたことを公言している。

   ファンからの支持が高いのもこの功績が大きいのだろう。その後は日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)特任理事、日本ラグビーフットボール協会特任理事、プロバスケットボールB3リーグ所属・さいたまブロンコスのオーナー兼取締役を歴任した。

   池田氏は、デイリー新潮などの報道が出る直前の9日に自身のツイッターで、

「本日のサンケイスポーツでお伝えしましたが、横浜市長選出馬はありません。今後のまったく新たな活動探しの時間に入りますので暫くTwitterはお休みします。変わらぬご指導ご鞭撻をよろしくお願いします」

と投稿している。

   同日のサンケイスポーツでは「私は一度も公に出馬を表明してはいません。ただ、いったんは覚悟を決め、悩み、横浜のことを本気で考えてきたのは事実です。ご期待の声も頂きました。そして候補者が乱立した今、意義が失われてしまいました」と出馬を断念した理由を語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中