2022年 9月 30日 (金)

五輪女子バレーで「疑惑の判定」 日本人審判に韓国メディア怒り心頭「これで触ったと?」「あり得ない」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京五輪女子バレーボールにおける日本人審判のジャッジが韓国で波紋を広げている。

   女子バレーボールの韓国代表は2021年7月27日、予選リーグA組第2戦でケニア代表と対戦。試合は韓国代表が3-0のストレートでケニア代表を破った。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「いくら抗議しても自分の判断が正しいと...」

   韓国メディアが問題視しているのは第3セットでのプレーだ。

   15-12で韓国が3点をリードした場面だった。ケニアのアタックを韓国がレシーブし、ボールはケニアコートに。これをケニアがダイレクトで打ち込みボールはアウトになった。

   主審はブロックしたキム・ヨンギョンがボールに触れたと判断し、タッチアウトを宣告。この判定を不服とした韓国はビデオ判定を要請したが判定は覆ることがなかった。

   試合から一夜明けた28日、複数の韓国メディアが日本人審判による判定を問題視した。

   韓国メディアのスポーツソウル(WEB版)は、ビデオのスロー映像を見るとボールはキム・ヨンギョンのどの部位にも当たっていなかったとし、主審については「いくら抗議しても自分の判断が正しいと不動の姿勢だった」と指摘した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中