2021年 9月 26日 (日)

「選手村ベッド破壊」で謝罪の五輪イスラエル選手 熱海土石流の支援キャンペーン立ち上げ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京オリンピック・野球のイスラエル代表選手が、選手村のベッドを意図的に損壊させた騒動で、ベンジャミン・ワンガー投手が2021年7月31日、静岡県熱海市で起きた土石流災害への支援活動を始めた。

  • 五輪イスラエル代表(写真:AP/アフロ)
    五輪イスラエル代表(写真:AP/アフロ)
  • 五輪イスラエル代表(写真:AP/アフロ)

ワンガー選手自身も寄付

   騒動の発端は、ワンガー選手が26日に動画共有サイト「TikTok」に投稿した動画だった。

   選手村の段ボールベッドの耐久性を試す内容で、ワンガー選手がまずベッドに飛び乗り、2人、3人、4人...とチームメイトが加わっていった。同時に9人が乗って飛び跳ねると、重さに耐えきれずフレームが壊れてしまった。

   動画はTikTokで広く拡散し、日本でひんしゅくを買った。イスラエル公共放送協会(KAN)によれば、選手たちは謝罪し、イスラエル五輪委員会は遺憾の意を表した。報道によれば、同委員会と選手は大会組織委にも謝罪したという。

   騒動を受け、ワンガー選手は31日、静岡県熱海市で起きた土石流災害への復興支援キャンペーンをクラウドファンディングサイトで始めた。目標額は3000ドル(約33万円)。

   寄付金はすべて復興支援に充てられるといい、ワンガー選手自身も200ドル(約2万円)寄付している。8月2日昼時点で9人から1005ドル(約11万円)集まっている。ワンガー選手やイスラエル野球協会がSNSで寄付を呼びかけている。

   イスラエル代表は1日のメキシコ戦で12-5と快勝し、2日の準々決勝で韓国と対戦する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中