2021年 9月 18日 (土)

「最高のコンビニアイス見つけた」 五輪海外記者お気に入り、日本で「おなじみ」の商品投稿に注目

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京五輪で来日した海外メディアは、日本のカルチャーにも興味を持っているようだ。シンガポールの放送局CNAのマシュー・モハン記者が注目したのは「アイス」それも暑い夏をしのぐ、日本人にはおなじみのコンビニアイスだった。

  • 海外メディアが日本のコンビニアイスに興味津々(写真はイメージ)
    海外メディアが日本のコンビニアイスに興味津々(写真はイメージ)
  • 海外メディアが日本のコンビニアイスに興味津々(写真はイメージ)

「チョコモナカジャンボ」「BIGスイカバー」に興味

   モハン氏は2021年8月2日、自身のツイッターアカウントで「スポーツと五輪から離れて、昨晩は最高のコンビニアイスを見つけました」(編集部訳、以下同)と森永製菓の「チョコモナカジャンボ」の写真を投稿した。

   モハン記者のツイートは多く共有され、日本のユーザーからも他の菓子やアイスを勧めるリプライがあった。勧められた商品は赤城乳業の「ガリガリ君」、ロッテの「雪見だいふく」、フタバ食品の「サクレレモン」、丸永製菓の「あいすまんじゅう」などがある。

   モハン氏は3日には「これが今日のアイスです」とロッテの「BIGスイカバー」の写真を投稿、「蒸し暑い朝にとても爽快で、種はチョコレートのような味がします。サクッとした食感で悪くないです」と感想を付けている。さらにリプライの中で「アイスの味にランキングは付けられますか?」と聞かれ、「順位はつけられないけど...また新しいアイスを試して投稿してみようと思います」とも述べていた。

   チョコモナカジャンボに興味を示した海外の五輪関係者は他にもいた。女子ソフトボールカナダ代表のサラ・グロンウェゲン選手が愛知県安城市に滞在中のチームの様子をTikTokで投稿していたが、その中で「通訳からの美味しいサプライズ」とチョコモナカジャンボを手にしたところが映っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中