2021年 9月 20日 (月)

「オリンピックのメダルが欲しかった」 トランポリン涙の予選落ち...森ひかるが吐露した「本心」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京五輪・トランポリン女子日本代表の森ひかる選手は2021年8月2日、自身のインスタグラム上で予選落ちの悔しさを吐露した。

   子供のころから出場するのが夢だった大舞台のオリンピック。しかし憧れは重圧となり、逃げたくて仕方ない気持ちと戦いながら競技に向き合ってきたのだという。

  • 森ひかる選手(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
    森ひかる選手(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
  • 森ひかる選手のインスタグラム
    森ひかる選手のインスタグラム
  • 森ひかる選手のインスタグラム
    森ひかる選手のインスタグラム
  • 森ひかる選手のインスタグラム
    森ひかる選手のインスタグラム
  • 森ひかる選手(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
  • 森ひかる選手のインスタグラム
  • 森ひかる選手のインスタグラム
  • 森ひかる選手のインスタグラム

「しっかり演技をしたかった、笑顔で終わりたかった」

   森選手は2019年に、世界選手権個人で優勝し、東京五輪代表に内定した。五輪金メダル候補として多くの人々から期待を寄せられていた。

   東京五輪においては7月30日、予選の第1演技を笑顔で飛び切り47.350点を出す。しかし第2演技は途中で台の外に飛び出し、中断することになってしまった。第2演技の得点は、16.425点。合計63.775点の13位で、無念の予選敗退となった。

   森選手は8月2日、自身のインスタグラムを更新し今の心境を吐露した。

「小学生の頃から夢みてきたオリンピック、まさかこんな形で終わってしまうなんて思ってもいませんでした。しっかり演技をしたかった、笑顔で終わりたかった。
そしてこの舞台でしっかり演技をした選手がすごくカッコよかった」

   投稿によれば、ずっと口には出してこなかったものの「オリンピックのメダルが欲しかった」のだという。自身が最高の演技を行えば手が届くと思っていたものの、「私はここで輝けるほど、強さを持っていなかったし、弱さが出てしまった」と振り返る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中