2021年 9月 20日 (月)

「おそ松さん」とアイドル、ファン心理は似ている? Snow Man起用の実写化に期待できる理由

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   9人組アイドルグループ・Snow Manが2022年春公開予定の実写映画「おそ松さん」に主演することが2021年8月3日に明らかになった。

   赤塚不二夫さんの人気マンガ「おそ松くん」を原作として、主人公の六つ子が成人した設定で2016年にアニメが放送されると人気作品となった「おそ松さん」、これを実写映画としてSnow Manが演じることになり、ネット上には様々な反応が沸き起こった。

   ジャニーズアイドルと深夜アニメの組み合わせに賛否もあったが、実は双方のカルチャーの接点を意外と見出すことができ、ファン心理も似通っているのかもしれない。過去の事例をもとに探ってみたい。

  • 期待と不安が渦巻いたSnow Man「おそ松さん」映画主演決定
    期待と不安が渦巻いたSnow Man「おそ松さん」映画主演決定
  • 期待と不安が渦巻いたSnow Man「おそ松さん」映画主演決定

「聖闘士星矢」「花より男子」...ジャニーズとマンガの距離は近い

   Snow Manの「おそ松さん」実写映画版の配役はおそ松:向井康二さん、カラ松:岩本照さん、チョロ松:目黒蓮さん、一松:深澤辰哉さん、十四松:佐久間大介さん、トド松:ラウールさんである。そしてオリジナルキャラクターとしてエンド・クローズ・ピリオドの3人が登場し、エンド:渡辺翔太さん、クローズ:阿部亮平さん、ピリオド:宮舘涼太さんという配役になった。

   ファンからの様々な反応がネット上に投稿されたが、「SMAPの聖闘士星矢を思い出す」というものもあった。これは車田正美さんのマンガ「聖闘士星矢」を1991年にSMAPが演じた舞台化作品である。当時6人グループだったSMAPがメインキャラクターを演じたミュージカルで、マンガ・アニメ・ゲームを舞台化する「2.5次元舞台」のはしりとも言われる作品だ。まだ駆け出しのSMAPであったが男性アイドルが舞台、それもマンガ原作のものを演じることは異例で、良くも悪くもファンに強い印象を残した。

   舞台に限らず、マンガ原作のドラマ化作品でジャニーズ事務所タレントが主演するケースなら過去に何度も例がある。嵐の松本潤さん主演の「花より男子」(2005年/TBS系)、大野智さんの「怪物くん」(2010年/日本テレビ系)、Kinki Kidsの堂本剛さんの「金田一少年の事件簿」(1995年/日本テレビ系)、関ジャニ∞の丸山隆平さんの「地獄先生ぬ~べ~」(2014年/日本テレビ系)などだ。特に松本さんの「花より男子」は続編そして映画版が制作されるほどの当たり役になった。

   これらと違うのは、「おそ松さん」がもともとは深夜アニメで、二次創作などをたしなむオタク層の女性ファンが非常に多いことである。「おそ松くん」のギャグ要素に加え、成長した六つ子同士の関係性をめぐる想像をかき立てるような描写や下ネタもあり、アイドルであるSnow Manがどこまでアニメの空気感を表現できるか、キャラクターと演者双方のイメージを損なってしまわないかを心配する向きもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中