2021年 9月 23日 (木)

五輪卓球金・中国監督が「良きライバル」日本を称賛 「石川、伊藤、平野は常に中国に挑戦し成長」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京五輪卓球女子団体で金メダルを獲得した中国代表の李隼(リー・スン)監督が日本チームを称賛した。中国メディア新浪体育が2021年8月5日に伝えた。

  • 銀メダルを獲得した日本代表、左から平野、石川、伊藤(写真:森田直樹/アフロスポーツ)
    銀メダルを獲得した日本代表、左から平野、石川、伊藤(写真:森田直樹/アフロスポーツ)
  • 銀メダルを獲得した日本代表、左から平野、石川、伊藤(写真:森田直樹/アフロスポーツ)

第2試合はシングルス準決勝「再戦」も...

   東京五輪卓球女子団体決勝は5日に東京体育館で行われ、日本代表は0-3で中国代表に敗れ銀メダル。金メダルを獲得した中国は同種目で4連覇を達成した。

   日本代表は石川佳純(全農、28)、伊藤美誠(スターツ、20)、平野美宇(日本生命、21)で臨み、悲願の金メダルに向けて王者中国に挑んだ。

   第1試合のダブルスは、石川、平野ペアが陳夢(チェン・モン、27)、王曼昱(ワン・マンユー、22)ペアと対戦し、第1ゲームを先取するもその後3ゲーム連続で落として逆転された。

   第2試合はシングルス準決勝の「再戦」となり、エース伊藤が孫穎莎(スン・インシャー、20)と対戦。第1、2ゲームを失った伊藤は第3ゲームを取り返すも第4ゲームを3-11で落としゲームセット。日本代表は後がなくなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中