2021年 9月 19日 (日)

五輪韓国ハンド監督の「暴言」物議 「耳を疑った」「あの程度の叱責」...現地メディア報道

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   東京五輪に出場しているハンドボール女子韓国代表監督の発言が韓国で物議をかもしている。複数の韓国メディアが2021年8月5日に伝えた。

   報道によると、8月4日に東京・国立代々木競技場で行われたスウェーデン代表との準々決勝で、姜在源(カン・ジェウォン)監督がタイム中に選手らに放った言葉が問題視されているという。

  • スウェーデン代表に敗れうなだれる韓国代表選手(写真:AP/アフロ)
    スウェーデン代表に敗れうなだれる韓国代表選手(写真:AP/アフロ)
  • スウェーデン代表に敗れうなだれる韓国代表選手(写真:AP/アフロ)

ネットユーザー「全世界の人が見る五輪という大舞台で...」

   チームが劣勢にあるなか、姜監督は集まった選手たちに「恥ずかしいぞ。おい、恥ずかしいことだぞ。韓国のハンドボールはこんなに恥ずかしいのか、おい」と言い放った。

   タイム中のこの模様がテレビで中継され、姜監督の発言が中継の音声に拾われていたようだ。韓国のインターネットでタイム中の映像が動画で拡散され、様々な意見が飛び交いネットが炎上したという。

   韓国メディア「朝鮮日報」(日本語WEB版)は、「選手に『おい、恥ずかしいぞ』...韓国ハンドボール監督の暴言にネット炎上」との見出しで記事を掲載し、韓国のネットユーザーの声を紹介している。

   動画を投稿したネットユーザーのひとりは、姜監督の発言を選手への「暴言」と捉えたようで、「全世界の人が見る五輪という大舞台で、こんな暴言を監督という人間が発した」として「聞いた瞬間、耳を疑った。カメラがあるのにあんな状態では、カメラがなかったらどんなにひどいのか、想像もできない」とのコメントを投稿した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中