2021年 9月 23日 (木)

市井紗耶香氏が参院選に「再チャレンジ」 今井絵理子議員も改選で、元アイドル同士が「地上戦」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   立憲民主党は2021年8月10日、22年夏の参院選に比例区の公認候補としてアイドルグループ「モーニング娘。」元メンバーの市井紗耶香氏(37)を擁立することを発表した。

   22年夏には元「SPEED」メンバーで自民党の今井絵理子参院議員(37)も改選を迎える。自民党はすでに今井氏を比例区で公認することを決めており、全国で選挙区の候補者を応援することになりそうだ。市井氏も同様の選挙戦を展開するとみられ、元アイドル同士による「地上戦」が展開されることになりそうだ。

  • 市井紗耶香氏。記者会見して2021年夏の参院選への出馬を表明した(写真は立憲民主党の配信動画から)
    市井紗耶香氏。記者会見して2021年夏の参院選への出馬を表明した(写真は立憲民主党の配信動画から)
  • 市井紗耶香氏。記者会見して2021年夏の参院選への出馬を表明した(写真は立憲民主党の配信動画から)

落選後は党「つながる本部」コーディネーターで活動

   市井氏は19年7月の参院選に旧立憲の公認を受け、比例区から出馬したが、次点で落選。落選後は市民団体などと一緒に政策づくりに取り組んだりする党内組織「つながる本部」のコーディネーターとして活動し、21年7月に投開票された東京都議選では立憲候補を応援した。

   19年の参院選は7月21日に投開票されたが、市井氏が出馬会見したのは6月26日。準備期間の短さが敗因のひとつだとみており、今回は選挙の1年近く前に出馬表明することで、訴えを浸透させるための時間を取りたい考えだ。

   市井氏は21年8月10日の記者会見で、

「声にもならないような、小さな声にも耳を傾け全国を歩き、まだそこにたどり着けない人に寄り添ってゆきたい」

などと決意表明。記者の質問に対しては、「●●さん、ありがとうございます」と、質問した記者の名前を復唱しながら丁寧に答えたが、政策面の答弁では不安が残った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中