2021年 9月 21日 (火)

メンタリストDaiGo「差別発言」問題で反論 「あくまで感想」「感想に間違いもクソもない」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   メンタリストのDaiGoさんが、「生活保護の人が生きてても僕は別に得しない」「ホームレスの命はどうでもいい」などとYouTubeの生配信で発言したことに、批判が相次いでいる。

   批判を受けてDaiGoさんは、問題視された発言は「あくまで僕1人の感想」だとして、「感想に間違いもクソもない」などと批判に反論している。

  • ワインを飲みながら釈明するDaiGoさん(本人のYouTube動画より)
    ワインを飲みながら釈明するDaiGoさん(本人のYouTube動画より)
  • ワインを飲みながら釈明するDaiGoさん(本人のYouTube動画より)

「人間の命の方が重いなんて僕全く思ってないからね」

   問題となっているのは、2021年8月7日にライブ配信された「【超激辛】科学的にバッサリ斬られたい人のための質疑応答」と題された動画だ。DaiGoさんは約2時間半の間、視聴者からの質問に答えている。

   問題の発言があったのは、「幼い頃、親に『お前のやることは全て間違っている』と言われたことがトラウマになっている」という質問に対する回答だ。DaiGoさんは質問者に対し、親の言葉を言い訳にせず行動するべきだと背中を押している。

   その中でDaigoさんは、必ずしも努力しなければならないと言うわけではないとして、「言い訳にまみれて何にも行動しない人生があっても別にいいと思うんだよね。日本だったら、生活保護をもらって生きていけるんで」と発言した。

「僕は生活保護の人たちにお金を払うために税金を納めてるんじゃないからね。生活保護の人たちに食わせるくらいなら、猫を救ってほしいと僕は思うんで。生活保護の人が生きてても僕は別に得しないけど、猫が生きてれば僕(にとって)は得なんで」

   さらに、「猫が道端で伸びてたら可愛いなぁと思うけど、ホームレスのおっさんが伸びてると『なんでこいつ我が物顔でダンボールひいて寝てるんだろな』と思うもんね」とも話した。

   「僕は今日(のコンセプトが)辛口っていうか、ダークなんで」と前置きしつつ、「人間の命と猫の命、人間の命の方が重いなんて僕全く思ってないからね」として、

「自分にとって必要のない命は僕軽いんで。ホームレスの命はどうでもいいんで」

と切り捨てた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中