2021年 9月 24日 (金)

井上尚弥と戦うのはどっちだ カシメロVSリゴンドー戦、専門家が占う勝負の行方「徐々に差が開く」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ボクシングのWBO世界バンタム級タイトル戦が2021年8月14日(日本時間15日)、米カリフォルニア州カーソンで行われる。

   WBO同級王者ジョンリル・カシメロ(31)=フィリピン=にWBA同級レギュラー王者ギジェルモ・リゴンドー(40)=キューバ=が挑む。

  • 絶対王者・井上尚弥(編集部撮影)
    絶対王者・井上尚弥(編集部撮影)
  • 絶対王者・井上尚弥(編集部撮影)

金平会長「序盤はペースの取り合いになるかもしれないが...」

   このタイトル戦の勝者は、世界4団体統一を目指すWBA、IBF同級王者・井上尚弥(28)=大橋=の標的となり世界的に注目を集めている。最後に手を上げるのはパワーのカシメロか、熟練のリゴンドーか。

   J-CASTニュース編集部は、協栄ジムの金平桂一郎会長(55)に勝負の行方を占ってもらった。

   金平会長の予想はズバリ「リゴンドーの後半KO勝ち」だ。金平会長は試合の展開を次のように予測した。

「今回の試合、リゴンドー、カシメロともに期するものが大きいと思います。とくにリゴンドーは全開でいくと思います。全開でいった時のリゴンドーの強さがあって、序盤はある程度ペースの取り合いになるかもしれないが、徐々に差が開いていって結局、10ラウンドあたりにカシメロを仕留めると思います」(金平会長)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中