2021年 9月 23日 (木)

卓球金・水谷隼、生出演で「放送事故www」 まさかのワードを噛んでしまい、うなだれる

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京五輪卓球2種目メダリストの水谷隼選手が、2021年8月15日放送のスポーツ報道番組「Going!Sports&News」(日本テレビ系)に生出演し、その際の「痛恨のミス」をツイッターで自ら嘆いた。

  • 水谷隼選手(写真:アフロスポーツ)
    水谷隼選手(写真:アフロスポーツ)
  • 水谷隼選手のツイッター(@Mizutani__Jun)より
    水谷隼選手のツイッター(@Mizutani__Jun)より
  • 水谷隼選手(写真:アフロスポーツ)
  • 水谷隼選手のツイッター(@Mizutani__Jun)より

「噛み谷反省中...」

   番組では「金メダルにつながった自分的名場面」と題し、出演した金メダリストたちが映像で振り返りながら自ら解説。優勝した卓球混合ダブルスの決勝を振り返った水谷選手はVTRへのフリの際、「金メダルにつながった、ミズテニタキ名場面がこちら!」とポーズを決めた。本来のセリフは「水谷的名場面」だったようだが、言い慣れたはずの自身の苗字を噛んでしまったのだ。

   何事もなかったかのように番組を進めようとした水谷選手だが、MCの「くりぃむしちゅー」上田晋也さんがすぐさま「噛みましたよね、今!?」と鋭くツッコミを入れている。水谷選手は「シーッ」と口に人差し指を当てた後、恥ずかしそうに両手と首を横に振っていた。

   生放送でやらかしてしまった水谷選手は、出演後の16日未明にツイッターを更新。控え室の隅でうなだれる姿の写真とともに「反省」の意を呟いている。

「やったわ( ゚д゚)放送事故www噛み谷反省中...」

   だが、出演はこれだけでは終わらなかった。番組の「10秒バズリート」のコーナーで、水谷選手はピンポン球を使ったホールインワンにチャレンジ。障害物を挟み、卓球台の反対側にあるゴルフカップサイズの穴へサーブを入れるというもので、強いスピンをかけないと入らない構図になっている。チャンスは10球ある。

   上田さんに「自信はございますか?」と聞かれた水谷選手は、「いや、名前も言えないんでちょっと」と噛んだ場面を自虐し笑いを誘う。そして、いざチャレンジを始めるとそこは金メダリスト。水谷選手はわずか2球目でしっかりとホールインワンを決め、冒頭の「ミス」を取り返した。

   上田さんも「さっきの名前噛んだのなんてこれでチャラになりましたから!」とフォローすると、水谷選手は「ああ良かったです。それをずっと気にしてたので」と返し、最後までスタジオを盛り上げていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中