2021年 9月 21日 (火)

豪雨災害で断たれた「石油輸送の動脈」 内陸・長野への影響は?ENEOSに聞いた

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2021年8月14日から15日にかけて発生した豪雨で、鉄道や道路での物流にも影響が発生している。

   中部地方では関東・東海と内陸を結ぶ中央本線が東西で寸断され不通となったが、同線は内陸の長野県への重要な物資、特に石油輸送の動脈だ。不通期間中の石油供給が逼迫する恐れはないだろうか。

  • 石油輸送の貨物列車
    石油輸送の貨物列車
  • 石油輸送の貨物列車

石油輸送用の専用貨物列車が毎日運転

   豪雨の影響で、8月15日に中央本線では線路水没や土砂崩れが発生、JR東日本管内の岡谷~辰野~塩尻間、JR東海管内の高蔵寺~塩尻間で運転を見合わせ、8月16日も同区間で運休が続いている。JR東日本は安全を確認次第、17日始発から岡谷~塩尻間の運転を再開する予定だ。

   東京~名古屋間の中央本線は塩尻を境にJR東日本管内(中央東線)とJR東海管内(中央西線)に分かれるが、その両区間が不通となり、長野県への貨物列車ルートが遮断されてしまった。

   内陸である長野県は、ガソリンなど石油燃料の供給を主に鉄道に頼っている。JR貨物が公表している2012年度の実績によれば、県に供給される石油の約8割が鉄道輸送だという。

   中央東線・西線からともに石油輸送用の専用貨物列車が関東・東海の沿岸部から長野県内へ毎日運転されていたが、8月16日現在不通であり、鉄道による石油輸送が絶たれたことになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中