2021年 9月 26日 (日)

朝日新聞、写真に不審点発覚で記事削除 撮影者など特定できず...広報「再発防止に努めます」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   朝日新聞社は2021年8月17日、撮影者や撮影日時が不明瞭な写真を使用したことがわかったとして、前日にウェブ版で配信した記事の削除を発表した。

   同社は取材に「今後、確認が不十分な写真を掲載することがないよう再発防止に努めます」としている。

  • 朝日新聞デジタルより
    朝日新聞デジタルより
  • 削除された記事
    削除された記事
  • 朝日新聞デジタルより
  • 削除された記事

「現地にいる通訳者から画像を入手」

   問題の記事は、朝日新聞デジタルで配信された「『米国の失敗』 20年間のアフガン戦争の大義どこに」。アフガニスタンの反政府勢力タリバーンによるカブール制圧を受け、フリージャーナリストの西谷文和氏にインタビューしている。

   西谷氏は大学卒業後、吹田市役所(大阪府)勤務を経て、フリージャーナリストとなった。「イラクの子どもを救う会」の代表も務める。近著に『西谷流地球の歩き方』『ポンコツ総理 スガーリンの正体 すべてはウソと八百長だった』などがある。

   記事では、現地で撮影された写真を9枚使用している。いずれも西谷氏が提供した。うち5枚は、カプール国際空港に押し寄せる人々や政府軍の兵士など、現地の混乱を伝える写真だ。クレジットには共通で「西谷文和さんが現地にいる通訳者から画像を入手した=2021年8月、西谷さん提供」と記している。

   しかし、朝日新聞社の発表によれば、「複数の画像について撮影者や撮影日時などが特定できなかった」として、17日までに記事を削除した。

   記事で使われた写真がインターネット上で見つかったことから、SNSでは著作権侵害ではないかとの指摘が上がっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中