2021年 9月 19日 (日)

CFに1.9億円!戦艦大和の主砲作った「旋盤」移設保存へ支援続々 所有会社「由緒ある機械」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   史上最大の主砲を装備した旧日本海軍の戦艦「大和」の主砲砲身を製作した旋盤、それが2021年も現存していた。この旋盤をゆかりの地に戻すためのクラウドファンディング(CF)が8月3日に始まるや、目標額を軽々と突破し支援総額は1億円以上に達している。

  • 砲身工場にて(資料提供:大和ミュージアム)
    砲身工場にて(資料提供:大和ミュージアム)
  • きしろ社に現存する15299機(資料提供:大和ミュージアム)
    きしろ社に現存する15299機(資料提供:大和ミュージアム)
  • 砲身工場にて(資料提供:大和ミュージアム)
  • きしろ社に現存する15299機(資料提供:大和ミュージアム)

製造から80年超の大型旋盤

   このプロジェクトは、「大和」の主砲身を製作した旋盤「15299機」を「大和」生誕の地・広島県呉市の大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)に移設保存する費用を募るものである。大和ミュージアムが企画したこのCF、最初の目標額は4800万円だったが、募集開始1日で目標額を突破し第3目標の1億円をも突破、8月19日時点で1億9000万円を超えている。

   CFの支援者からは「21世紀まで稼働していたことに驚きました。是非とも貴重な資料として保存に尽力いただければと思います」「旋盤も一度失われるともう二度と戻ってきません。末永く大切に保存されてほしいです」といった応援コメントも投稿されている。

   「大和」は戦艦史上最大の口径である46センチ3連装主砲を3基装備。1937年に起工し1941年12月に呉海軍工廠で竣工した。この巨大主砲の砲身を製作した旋盤「15299機」が兵庫県明石市の機械部品製造会社「きしろ」に現存していた。

   15299機はドイツの機械メーカー・ワグナー社から1938年に輸入され、呉海軍工廠で用いられた。戦時中は同型機を含め2機が稼働していたといわれるが、1機が終戦後に破壊され、残る15299機が神戸製鋼所高砂製作所に払い下げられ、工作機械として使われ続けた。

   15299機は船舶用エンジンのクランクシャフト旋削に用いられていたが、2013年に設備更新に伴って退役、きしろ社播磨工場に保存されていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中