2021年 9月 26日 (日)

「育成の日ハム」とは何だったのか 清宮・吉田は伸び悩み...暴行騒動も発覚で「暗黒時代」突入か

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   かつて、日本ハムは育成に長けた球団の代表格として、アマチュア球界からも高く評価されていた。

   とくに高卒の選手の育成に定評があり、森本稀哲、陽岱鋼、ダルビッシュ有、中田翔、中島卓也、西川遥輝、近藤健介、上沢直之、大谷翔平と、チームや球界を代表する主力が次々に誕生した。

  • 巨人移籍が決まった中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    巨人移籍が決まった中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 巨人移籍が決まった中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

「高校時代の輝きが消えてしまっている選手が多い」

   ただ、15年以降のドラフトで入団した若手に伸び悩みが目立つ。新旧交代がうまくいかず、レギュラーが高齢化することで、チームも弱体化している。16年に日本一を飾ったのを最後に、17年以降は5位、5位、3位、5位と低迷。栗山英樹政権10年目の今季も最下位に低迷している。

「以前の日本ハムと比べると、雰囲気が緩くなったなとは感じます。選手個々の能力が低いわけではないが、高校時代の輝きが消えてしまっている選手が多い。清宮幸太郎がそうですよね。本来なら暴行事件で無期限の出場停止になった中田翔(※20日に巨人へのトレード移籍が発表された)に代わって一塁のレギュラーをつかんでいなければいけないのですが...」(スポーツ紙デスク)

   清宮は早実で史上最多の高校通算111本塁打をマーク。高校生最多の7球団が競合し、球界を代表するスラッガーとして期待されたが、確実性が低く4年目の今季は1軍での出場がない。

   同期入団で東京五輪の金メダルにも大きく貢献したヤクルト・村上宗隆と大きく差をつけられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中