2021年 9月 19日 (日)

乙武洋匡氏が「パラリンピックをなくしたい」と語る理由 五輪の「おまけの大会」脱却も込めた提言

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   作家でタレントの乙武洋匡氏が2021年8月22日、自身の公式YouTubeチャンネルに公開した動画で、パラリンピックについて持論を展開した。

  • 乙武洋匡氏(2016年撮影)
    乙武洋匡氏(2016年撮影)
  • 乙武洋匡氏(2016年撮影)

オリパラを「1つの大会にしていきたい」

   東京パラリンピックの開会式が8月24日に迫る中、「【暴論?】パラリンピックをなくしたい【炎上覚悟】」と題した動画を公開した乙武氏。「オリンピックとパラリンピックを統合して、いつかは1つの大会にしていきたいと思っているんです」と切り出した。

   乙武氏は、パラリンピックがもともと、「傷痍軍人のリハビリのために行われたアーチェリーの大会」だったと説明し、「成り立ちが違っていたのは仕方がない。オリンピックとパラリンピックが分けられていたのは当然」と前置きしつつ、「ここから先もそれでいいのか?」と問題提起した。

   「たとえば、オリンピックの中でも男性の競技と女性の競技ってカテゴリー分けられてますよね」と乙武氏。「優劣が大きくつきすぎる」との理由から、男女以外にも、体重別で分けられている競技もあるとした上で、「健常者の部、義足の部、車いすの部、視覚障害の部というように部門を分けて、同じ大会にするということは可能だと思うし、むしろ、そっちのほうが自然だと思う」と私見を述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中