2021年 9月 19日 (日)

中田翔移籍めぐり「無理やり美談」「誰に支えられている集団か」 日ハムOB岩本勉氏、球界に訴え

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   プロ野球の日本ハムOBで野球解説者の岩本勉氏(50)が、2021年8月23日放送の「岩本勉のまいどスポーツ」(文化放送)に出演し、日本ハムから巨人に移籍した中田翔(32)について言及した。

  • 中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

岩本氏「これは大ごとなんですよ」

   中田は11日、日本ハムの同僚だった選手への暴力行為で球団から無期限の1、2軍戦の出場停止処分を受けた。この処分からわずか9日後の20日に巨人への無償トレードが決定し、中田は同日1軍の練習に合流。翌21日のDeNA戦で代打出場を果たし、22日には移籍後初の本塁打を放った。

   中田と親交があるという岩本氏は番組冒頭に「今現在、現実はユニフォームを着て野球を続けられているわけだからチームのために家族のためにバットを振り続けるしかない」とし、巨人移籍に関して「4つ思うことがある」と続けた。

   岩本氏が最初に指摘したのは、日本ハムの球団主導で中田の謝罪会見が行われなかったことだ。岩本氏は「監督か球団社長と中田が同席をして会見を開くべきだったと思う」と指摘し、持論を展開した。

   「これは大ごとなんですよ。被害を受けた選手は大ごとにしたくない。その気持ちは分かる。でも世に公表したということは大ごとなんですよ、暴力事件。だったらやっぱり監督と中田か、球団社長と中田が公の場で何か発しないとコメントを。暴力事件ですよ。高校野球でもし部員の暴力事件があったらチームは全体責任で出場出来なくなったりしますよね。僕も味わったことがあります」と自身の経験を交えながら訴えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中