2021年 9月 22日 (水)

北村匠海の一言に「グサッと来た」 フジ「ナイト・ドクター」で語られたキャリア論に反響

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2021年8月23日に放送されたドラマ「ナイト・ドクター」(フジテレビ系)第8話では、俳優の田中圭さん演じる医師・成瀬暁人の苦悩が描かれた。

   インターネット上では、成瀬の苦悩をめぐって後輩の桜庭瞬(北村匠海さん)が発したセリフに注目が集まっている。

  • 北村匠海さん(2017年10月撮影)
    北村匠海さん(2017年10月撮影)
  • ナイト・ドクターのインスタグラムより
    ナイト・ドクターのインスタグラムより
  • 北村匠海さん(2017年10月撮影)
  • ナイト・ドクターのインスタグラムより

脳外科のスペシャリストへの劣等感

   ドラマの舞台は、365日24時間どんな患者も断らない医療を目指す「あさひ海浜病院」が立ち上げた夜間勤務専門の救命医チーム「ナイト・ドクター」。

   医師6年目の主人公・朝倉美月(波瑠さん)は、そこで熱い意思を持って働き始め、チームで出会った深澤新(岸さん)、成瀬(田中圭さん)、桜庭(北村匠海さん)、高岡幸保(岡崎紗絵さん)という年齢も性格も価値観もバラバラな5人の医師とともに、医療や人生を見つめていくというストーリーだ。

※以下、一部ネタバレを含みます※

   以前から、脳外科に興味を持ち、また脳外科からも異動してくるよう打診されている成瀬。そんななか、くも膜下出血の患者が運び込まれてきた。成瀬は進んで執刀にあたるが、開頭後に通常の動脈瘤ではないことが判明したため手術を途中で断念し、

「ここから先は、専門の脳外科医の判断に任せたいと思います」

と患者の親族に説明する。昼勤務の脳外科に引き継ぎをするが、その患者を後輩の医師・里中(古舘佑太郎さん)が執刀したと知り、成瀬は後輩より技術が劣ることを突き付けられ、複雑な心境に陥ってしまう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中