2021年 9月 22日 (水)

パラリンピック開会式、海外の反応は? 「サーカスのよう」「最後まで盛り上がった」各国メディア称賛

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2021年8月24日に行われた東京パラリンピックの開会式は、「WE HAVE WINGS」(私たちには翼がある)がテーマ。会場の国立競技場を「パラ・エアポート」という空港に、見立てて、車いすの少女が演じる「片翼の小さな飛行機」が、空を飛べるようになるまでを表現した。

   様々なコンセプトを詰め込んだ五輪開会式と比べて、国内では評価が高かったパラリンピック開会式。国外の報道ぶりはどうだったのか。

  • 13歳の車いすの少女が演じる「片翼の小さな飛行機」。豪ABCは「これから始まる競技の創造性を象徴」などと伝えた(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
    13歳の車いすの少女が演じる「片翼の小さな飛行機」。豪ABCは「これから始まる競技の創造性を象徴」などと伝えた(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
  • 13歳の車いすの少女が演じる「片翼の小さな飛行機」。豪ABCは「これから始まる競技の創造性を象徴」などと伝えた(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

「サーカスのトラックの前に座っている銀色の服を着た魔法使い」のおかげで...

   各国メディアの開会式の報道では、(1)コロナ禍での開催となったこと(2)選手が参加できなくなったアフガニスガンは、ボランティアが国旗を持って入場したこと(3)国際パラリンピック委員会(IPC)のパーソンズ会長のあいさつの内容、などを重点的に取り上げるものが多かった。これらに加えて、開会式の演出に触れる報道も多かった。

   「片翼の小さな飛行機」を演じたのは、オーディションで選ばれた和合由依(わごう・ゆい)さん(13)。組織委ツイッターでは、パフォーマンスの意図を

「人間は誰もが、自分の『翼』を持っていて、勇気を出してその『翼』を広げることで、思わぬ場所に到達できる。その『翼』をテーマにした物語」

と説明している。

   英ガーディアン紙は、空港を模した演出を

「この空港で、伝統的な『ソン・エ・ルミエール』(フランス語で『音と光のショー』の意)の一連の演目を通じて、障害者に対して力を与えるだけではなく、ダイナミックで、想像力に富み、少しばかり荒っぽいビジョンが映し出された、素晴らしい場所だった」

などと評価し、和合さんについて

「これまで演技をしたことがなかったが、サーカスのトラックの前に座っている銀色の服を着た魔法使いと、フレディ・マーキュリーも認めるようなパンプ・ロックを演奏するバンドのおかげで、自分なりの表現ができていたようだ」

と紹介した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中