2021年 9月 21日 (火)

坂上忍に「テレビでそれ言うか?」と疑問の声も コロナ退院の野々村真に放った「一言」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   俳優の坂上忍さん(54)が2021年8月26日放送の「バイキングMORE」(フジテレビ系)で放った一言に対し、一部視聴者から「さすがに言い過ぎかなと」と、疑問の声が上がっている。

   この日、同番組は前日25日に収録した俳優の野々村真さん(57)と坂上さんのリモート対談の様子を放送。野々村さんといえば番組で月曜レギュラーを務めているが、5日に新型コロナウイルスによる肺炎で入院し、24日に退院した。対談では野々村さんが闘病中の様子を生々しく報告したが、その冒頭シーンで、坂上さんが野々村さんに対してキツい先制パンチを食らわせたのだ。

  • 坂上忍さん(2016年撮影)
    坂上忍さん(2016年撮影)
  • 坂上忍さん(2016年撮影)

「息苦しくなるからやめてくださいよ! まだちょっと肺炎残ってるから」

   「まこちゃん、お帰りなさい」との坂上さんの気さくな一言から始まった対談。これに対し、野々村さんははにかみながら「ただいま、ありがとう。生きて帰ってきたよ!」とかすれ気味の声で応じた。この後、CMを挟んでインタビューのVTRが再開したが、野々村さんは「たくさんの全国の方々、本当に応援して下さる方々、本当にお世話になってる皆さん」と、あふれる思いを語り始めたが、これに対し、坂上さんの口からは「そこまで全国の人は応援してなかったよ」という冷徹なツッコミが飛び出したのだ。

   これに対し、野々村さんがはっとした表情で「そうね......」と応じると、野々村さんと坂上さんは爆笑。古くからの親友として知られる2人だからこそ許される坂上さんの「猛毒」に対し、野々村さんは「息苦しくなるからやめてくださいよ! まだちょっと肺炎残ってるから」とタジタジだった。

   インタビューではその後、野々村さんが自宅療養の恐怖と不安や医療ひっ迫の実態について語るなどし、坂上さんも野々村さんの話を真剣に聞いていた。だが、冒頭のやり取りについて、一部視聴者からはツイッターで、「何で坂上忍はコロナ感染して生死を彷徨って回復をした野々村真に対して『全国で応援してくれていた方々や』の返事が『そこまで全国の方は応援してないですよ』ってそんな言い方しなくてもいいんじゃない?って思う。そこは面白おかしくしなくていいと思う」といった反応が。

   他にも、「仲のいい友達どうしのシャレならいいけど、テレビでそれ言うか?」「ん?...コレはプライベートで言える発言。地上波で出しちゃあチョメチョメよね」などと、坂上さんがトークの力加減を誤ったのではないかという声が上がっている。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中