2021年 9月 22日 (水)

12歳最年少センターでどうなる「新生SKE48」 メンバーが明かす新曲への思い【須田亜香里・林美澪・井上瑠夏インタビュー】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

【「新生SKE48」須田亜香里・林美澪・井上瑠夏インタビュー(1)】

   名古屋・栄を拠点にするSKE48が、2021年9月1日に新曲「あの頃の君を見つけた」を発売する。長い間グループの顔として活躍してきた松井珠理奈さん(24)が4月末にグループを卒業してから出す初めての楽曲で、「新生SKE48」としての試金石でもある。

   センターポジションには、20年に劇場デビューしたばかりの10期生で、AKB48グループで最年少の林美澪(はやし・みれい)さん(12)を起用。林さんは、カップリング曲のひとつで8期生の井上瑠夏(いのうえ・るか)さん(20)とダブルセンターを務めてもいる。グループの新しい顔ともいえる2人とグループ最年長の須田亜香里さん(29)に、新曲の聞きどころやグループの今後について聞いた。取材は7月中旬に行った。(聞き手・構成:J-CASTニュース編集部 工藤博司)

  • 新曲「あの頃の君を見つけた」の振り付け「思い出フィルターダンス」のポーズを取るSKE48のメンバー。左から井上瑠夏(いのうえ・るか)さん、林美澪(はやし・みれい)さん、須田亜香里さん
    新曲「あの頃の君を見つけた」の振り付け「思い出フィルターダンス」のポーズを取るSKE48のメンバー。左から井上瑠夏(いのうえ・るか)さん、林美澪(はやし・みれい)さん、須田亜香里さん
  • 新曲「あの頃の君を見つけた」の振り付け「思い出フィルターダンス」のポーズを取るSKE48のメンバー。左から井上瑠夏(いのうえ・るか)さん、林美澪(はやし・みれい)さん、須田亜香里さん

「海+制服+自転車」の「キラキラ感あふれる夏曲」

―― 「あの頃の君を見つけた」のミュージックビデオ(MV)の撮影風景の動画を拝見しました(編注:取材段階ではMVは編集中だった)。海が見える場所で制服姿の林さんが自転車をこぐシーンが印象的です。この「海+制服+自転車」という組み合わせは、AKB48グループの「キラキラ感あふれる夏曲」の典型だと言えそうですね。

林: すごく夏らしくて爽やかで、王道のアイドルソングという感じです。演技やダンスなど、さまざまなシーンで本当にキラキラしていて、みんなに愛していただけるような曲だと思います。制服のシーンも撮らせていただきましたが、(撮影したメンバーの中では)自分が唯一現役の(学生)メンバーで、すごく青春を感じました。制服姿で自転車をこいで走るというのはすごく夏だな、青春だなと思って、本当に楽しかったですね。

―― 歌詞からは、昔の自分の恋愛を思い出すようなイメージがわいてきます。

須田: 初恋の人を重ねてみてもいいし、昔好きだったアイドルを重ねながら聞いていただいても、どこか「懐かしいな」と思えるというか、もう一度恋ができるような、青春がまたやってきたような気持ちになれる曲です。私はもう大人なので、どちらかと言えば「懐かしむ側」。曲の世界観の甘酸っぱい部分に対してグッときます。歌詞では「今だって好きだ」といった部分です。若いメンバーは...。美澪、どこだっけ。
林: 「これから何でもできる未来はいつだって 輝いて見えるよ」という部分です。
井上: 私はそこが歌割り(担当部分)なんですけど、私もめちゃめちゃ好きです!
須田: 若いメンバーはこんな風に言っていて、私がキュンとくるポイントとはまた違っているので、年齢によって味わい方がこんなに変わるのには驚きましたね。

―― 世代によってさまざまな聞き方ができそうですね。MVには、学校で撮影したシーンもありますね。

林: ラブレターを書くシーンを演じました。ラブレターを書いたことはありませんでしたが、「好きだな」という気持ちは経験したことがあるので、書くときに「昔のことを思うと、すごくドキドキするな...」みたいな気持ちになりましたね。

―― 片想いの感情を思い出しながら...。

林: そうですね。スタッフの方から「何かイメージして書いてみるといいよ」と言われたので、ひとりでキュンキュンしてました。(笑)
須田: じゃあ、「リアルキュンキュン」な表情がMVでは...。
林: そうですね!他にも「うまく書けないな」といった表情など、いろいろあって面白いと思うので、ぜひ見てほしいと思います。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中