2021年 9月 24日 (金)

「学校行きたくない子は行かんでええ」 不登校YouTuberゆたぼん、夏休み明けの子ども達を心配

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「少年革命家」として活動するYouTuber・ゆたぼんさんが2021年8月31日、自身の公式YouTubeチャンネルを更新し、夏休みを終えて新学期を迎える子どもたちに向けてメッセージを送った。

  • YouTubeチャンネル「少年革命家ゆたぼんチャンネル」の動画より
    YouTubeチャンネル「少年革命家ゆたぼんチャンネル」の動画より
  • YouTubeチャンネル「少年革命家ゆたぼんチャンネル」の動画より

夏休み明けの子どもの自殺増加を問題視

   「夏休み明けても生きてほしい」と題して公開された動画の冒頭、ゆたぼんさんは、ヤフーニュースで見つけたというあるニュース記事を紹介。そこには、今年の小中高生の自殺が過去最多だった前年を上回るペースになっていること、過去の統計上、多くの学校が夏休み明けを迎える9月1日に子どもの自殺者数が多くなっていることなどが書かれていた。

   記事の内容を受けて、ゆたぼんさんは「子どもの自殺の数が今までで一番多くなってるんですよ! ニュースにも書いてあるけど、子どもが死んじゃってるんですよ! 学校に行くのがつらくて、学校に行くのが苦しくて。学校に行きたくないって言ってるのに嫌々学校に行かされたりして。親とか先生とか大人にもわかってもらえなくて」と訴えた。

   ゆたぼんさんは、今は学校に合わない子がどんどん増えてきていると説き、「どんな理由でも(子どもが学校に)行きたくないって言ったんやったら、行かせんほうがいいやんけ」と持論を展開。また、「子どもは学校に行く義務はない。親は子どもに教育を受けさせる義務はあるけど、嫌がってる子どもを無理やり学校に行かせる義務はないねん。親とか先生とか大人というのは、子どもを学校に行かせることだけを目的としてるねんな」と言い、「学校じゃなくても教育はできるし、友達もできるし、勉強もできるねんな」と私見を述べた。

   さらに「学校に行きたくない子は行かんでええで!」と強調したゆたぼんさん。そして、「これだけは言いたい。絶対に死んだらあかん!生きてほしい!学校に無理やり行かされて苦しい気持ちも分かる。でも、それで命を絶って欲しくない。それで自殺してほしくない」と力説していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中