2022年 10月 6日 (木)

岡田武史、日本代表に「勝負への執着心」のなさ指摘 「喧嘩してでも互いに要求しないと」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選が2021年9月2日に各地で行われ、B組の日本代表は大阪・パナソニックスタジアム吹田でオマーン代表と対戦し0-1で敗れた。

  • 日本代表キャプテン・吉田麻也(写真:森田直樹/アフロスポーツ)
    日本代表キャプテン・吉田麻也(写真:森田直樹/アフロスポーツ)
  • 日本代表キャプテン・吉田麻也(写真:森田直樹/アフロスポーツ)

岡田氏「いいところが全然出せなかった」

   前半を0-0で折り返した日本代表は後半43分、オマーン代表に左サイドを突破されクロスを中央で合わせられた。これが決勝点となりW杯最終予選黒星発進。本戦出場に向けて厳しい船出となった。

   試合の模様をライブ配信した映像配信サービス「DAZN」で解説を務めた元日本代表監督の岡田武史氏(65)は試合終了直後、「ショックですね。これは...」と思わず言葉を詰まらせた。

   岡田氏はこの日の試合内容について「もうちょっとチャンスとか作れたなかで敗れたならいいのですが、今日はちょっといいところが全然出せなかったですね」と指摘し、「オマーンが良かったというのもあるけどもうちょっと出来たかなという気はしますね」と振り返った。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中