2021年 9月 26日 (日)

韓国野球で「審判にロジン投げつけ」炎上騒動 元メジャー投手が大暴れ...いったい何が起きたのか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球・韓国KBOリーグのサムスン・ライオンズに所属するマイク・モンゴメリー投手(32)の愚行が波紋を呼んでいる。自身へ退場を宣告した審判に、怒ってロジンを投げつけたのだ。

  • カブス時代のモンゴメリー投手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
    カブス時代のモンゴメリー投手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
  • カブス時代のモンゴメリー投手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

ユニフォームを脱いでグランドに投げ捨てる

   サムスン・ライオンズは2021年9月10日にKTウィズと対戦し、モンゴメリーが先発した。

   問題のシーンはサムスン・ライオンズの4回守備終了後に起こった。

   モンゴメリーは球審に投球間隔の「12秒ルール」で注意を受け激高した。球審に暴言を吐いてベンチに下がったモンゴメリーは退場を宣告された。

   モンゴメリーはこの処分に対して再び激高。チームメイトの静止を振り切ってベンチを飛び出すと、鬼の形相で球審のもとへ迫り、手にしたロジンを投げつける愚行を犯した。

   数人にチームメイトに押さえつけられベンチに戻ったが、モンゴメリーの怒りは収まらずユニフォームを脱いでグランドに投げ捨てた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中