2021年 9月 22日 (水)

ヤクルト高津監督「有言実行」怒りの猛抗議に反響 「何かあったら僕が」チームに伝えていた決意

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロ野球ヤクルト高津臣吾監督(52)の猛抗議が有言実行だとしてインターネットで話題を呼んでいる。

  • ヤクルトの本拠地・神宮球場
    ヤクルトの本拠地・神宮球場
  • ヤクルトの本拠地・神宮球場

猛抗議も判定覆らず

   ヤクルトは2021年9月13日、バンテリンドームで中日と対戦し0-1で敗れた。ヤクルトは1点ビハインドの9回、1死1、2塁の好機を作るも併殺でゲームセット。高津監督はこの併殺を巡る判定を不服として審判に猛抗議するも、判定が覆ることはなかった。

   一体何が起きたのか。1死1、2塁の場面で川端慎吾(33)が放った打球はセカンドゴロとなり2塁手・堂上直倫(32)が捕球した。堂上は1塁走者・西浦直亨(30)にタッチしようとするも西浦が一瞬立ち止まり1塁方向へ逆走したため1塁に送球した。

   川端は1塁を駆け抜け判定はセーフ。西浦は1、2塁間に挟まれ、この間に3塁に到達していた2塁走者・古賀優大(23)がホームを狙うもタッチアウト。2死1、2塁から試合続行の流れになったところで中日・与田剛監督(55)がリクエストを要求した。

   審判団によるリプレー検証の結果、遊撃手・京田陽太(27)がボールを持って2塁ベースを踏みフォースアウトが確認されゲームセット。この判定に高津監督はベンチを飛び出して約15分間、審判団に猛抗議した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中