2021年 9月 26日 (日)

日テレ「脱ステロイド」問題で謝罪 日本皮膚科学会など7団体は抗議「医療の混乱、看過できない」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本テレビ系のバラエティ番組「ザ!世界仰天ニュース」が「脱ステロイド療法」を紹介した問題で、日テレは、「患者などに心配と迷惑をかけた」として番組サイトで初めて謝罪した。

   一方、日本皮膚科学会など7団体は、番組について「患者への悪影響が懸念される」「医療の混乱を来すことは、看過することができません」として日テレに抗議したと公式サイト上で発表した。

  • 釈明文が取り下げられ、新たに謝罪文が出された
    釈明文が取り下げられ、新たに謝罪文が出された
  • 釈明文が取り下げられ、新たに謝罪文が出された

「今後、番組では再発防止に努めてまいります」

   2021年9月7日放送の番組では、肌荒れに悩む女性が調べて見つけた「脱ステロイド療法」を自ら始め、専門医の指導も受けながら、「元通りの肌」を取り戻したとする体験談が紹介された。

   放送後に、皮膚科医らから「症状を悪化させかねない」などとSNSで番組内容への批判が相次ぎ、日テレは9日に番組サイトで、「患者が自らの判断で薬の使用を中止すると症状が悪化することがあります。治療については、医師の指導に従ってください」などとする釈明文を出していた。

   日テレは14日までに、この釈明文を取り下げ、新たに赤字で大きく記した番組についての謝罪文をアップした。

   そこでは、冒頭で、「番組内容で、治療中の多くの患者の皆様とそのご家族、携わる医師の方にご心配及びご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。また、日本皮膚科学会のサイトでは、「ステロイドの外用薬は、皮膚炎の炎症を十分に鎮静することができるなど、有効性と安全性が科学的に立証されている薬です。正しく使用すれば、全身性の重篤な副作用は起きないとされています」といった内容が書かれているとして、「患者の方が自らの判断で急に薬の使用を中止すると症状が悪化し、白内障や網膜剥離などのリスクがありますので、絶対にやめてください。治療は、医師の指導に従ってください」などと呼びかけた。最後に、「今後、番組では再発防止に努めてまいります」と締め括っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中