2021年 9月 22日 (水)

選手が「飲み残しのボトル」捨てる理由とは 「五輪清掃員の失望」記事受け為末大が解説→納得の声

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   陸上400メートルハードル世界選手権銅メダリストの為末大さん(43)が、東京五輪でペットボトル飲料が飲み残したまま大量に捨てられていたと報じられたことについて解説している。

   発端は2021年9月12日に毎日新聞がアップした「『夢壊された』 感染おびえ、残飯処理 五輪清掃員が感じた失望」という記事。東京五輪開催中に競技会場でアルバイト清掃員をしていたという女性を取材したもので、大会関係者の休憩室に一口だけ飲んで捨てられるペットボトルが大量にあったといい、女性はやりきれない気持ちになったと書いている。

  • 為末大さん(2013年撮影)
    為末大さん(2013年撮影)
  • 為末大さん(2013年撮影)

「誰かにドーピング薬を入れられ出場停止になることを恐れ」

   記事がインターネット上で話題を集めた中、為末さんは同日にツイッターを更新。同記事を引用しながら、飲み残したまま捨てる理由を選手目線でこう解説した。

「選手がペットボトルを残したまま捨てるのは、ペットボトルに誰かにドーピング薬を入れられ出場停止になることを恐れ一度目を離したら常に蓋が開いていないものを飲むように教えられている為です」

   この説明には、

「初めて知りました!」
「分かると納得です」
「そうなると目を離してしまったら未開封のものに切り替えざるを得ないよな...」

といった声が集まっていた。

   実際に2017年にはカヌー・スプリント競技の日本選手権で、男子選手がライバル選手の飲み物に禁止薬物を混入させた事件が発覚している。為末さんはこの事件についても触れ、

「このような事例があるため、選手は常に身体に入れるものに対し気を遣っています」

とつづっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中