2021年 12月 4日 (土)

大谷翔平、いつまでエンゼルスに? 契約延長交渉に前向き発言も...地元メディアは慎重論

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手(27)が2021年10月3日(日本時間4日)、今季最終戦となるマリナーズ戦に「1番DH」で出場し、第1打席で46号ソロを放ち有終の美を飾った。

  • 大谷翔平投手(17年撮影)
    大谷翔平投手(17年撮影)
  • 大谷翔平投手(17年撮影)

契約延長交渉は「オープンな気持ちで話すと思います」

   大谷は今季最終戦を3打数1安打1打点2四球の内容で終え、本塁打王争いでトップに立つサルバドール・ペレス(ロイヤルズ)とブラディミール・ゲレーロJr(ブルージェイズ)の48本に2本及ばずリーグ3位となった。

   各メディアの報道によると、この日の試合前に報道陣のインタビューに応じた大谷は、球団との契約延長交渉について言及した。

   球団と契約延長の話があった場合、これに応じるかと問われた大谷は「そうですね。この4年間、一番近くで支えてもらった球団ではあるので、もちろんオープンな気持ちで話すと思います」との見解を示した。

   契約延長交渉に前向きな姿勢を見せた大谷だが、地元紙「ロサンゼルスタイムズ」(WEB版)は10月3日、大谷と球団が長期延長に同意する可能性は依然として不明であると指摘。そして21年のパフォーマンスを来シーズンにどれだけ再現できるかも不明としている。

   同紙が長期延長の同意が不明とする根拠のひとつが、9月26日の会見での大谷の発言だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中