2021年 10月 20日 (水)

森保監督「クビ問題」豪州・中国・韓国メディアも注視 「次勝てなければ解任90%」「尻に火」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   サッカーの日本代表は2021年10月12日、埼玉スタジアムでオーストラリア代表と対戦する。ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でまさかのスタートダッシュに失敗し、初戦のオマーン、第3戦のサウジアラビア戦を落とした日本。国内メディアから森保一監督(53)の進退に関する報道が相次ぐなか、アジア各国でも森保監督の進退が注目されている。

   日本はW杯アジア最終予選でここまで1勝2敗、グループ3位と苦しい戦いが続いている。オーストラリア戦の結果次第では森保監督の解任問題が現実味を帯びる可能性があり、7大会連続本戦出場を目指す森保ジャパンが正念場を迎えている。

  • 崖っぷちの森保監督(写真:新華社/アフロ)
    崖っぷちの森保監督(写真:新華社/アフロ)
  • 崖っぷちの森保監督(写真:新華社/アフロ)

豪州監督「彼(森保監督)は素晴らしい人間です」

   日本と同じグループで首位に立つオーストラリアのメディア「The Sydney Morning Herald」(WEB版)は、12日のオーストラリア戦で日本が勝てなかった場合、森保監督が解任される可能性があると伝えた。

   同メディアはオーストラリア代表を率いるグラハム・アーノルド監督(58)に、日本が置かれている状況や森保監督の進退問題についてのコメントを求めた。

   アーノルド監督は現役時代の97年にJリーグ・サンフレッチェ広島に所属し、森保監督とは元同僚の間柄。気心の知れた関係にあるアーノルド監督は森保監督を「彼は素晴らしい人間です」と評し、進退問題については考えていないとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中