2021年 10月 23日 (土)

親のエゴで苦しめられる子供たち ドラマ「ラジエーションハウス」が描いた育児の難しさ

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   俳優の窪田正孝さんが主演を務めるドラマ「ラジエーションハウスII ~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)。2021年10月11日放送の第2話では、「親のエゴ」に苦しむ子供の姿が描かれ、視聴者の注目を集めている。

  • 窪田正孝さん(写真:つのだよしお/アフロ)
    窪田正孝さん(写真:つのだよしお/アフロ)
  • 窪田さんと本田翼さん(ドラマ公式インスタグラムより)
    窪田さんと本田翼さん(ドラマ公式インスタグラムより)
  • 窪田正孝さん(写真:つのだよしお/アフロ)
  • 窪田さんと本田翼さん(ドラマ公式インスタグラムより)

「あの子にとってなにがベストかは親の私が一番理解しています」

   原作は、作・横幕智裕さん、画・モリタイシさんの同名マンガ。2019年4月期に同じ枠で放送されたドラマの続編で、医療現場の「縁の下のヒーロー」とも称され、レントゲンやCTで見えない病を見つけ出す診療放射線技師たちの活躍を描く。

   ※以下、一部ネタバレを含みます※

   第2話は、主人公の五十嵐唯織(窪田さん)たちのもとへ、陸上大会中にてんかん発作を起こして救急搬送されてきた少年・速川走太(長野蒼大さん)が物語の主軸となった。

   走太は、ともに陸上のオリンピック選手だった両親を持つ、いわば「陸上界のサラブレッド」。両親の指導の元、日々練習に励んでいる。

   検査の結果、てんかんの原因とされる脳の部位を特定した唯織たち。しかしそこは、左足の運動に関わる部位で、手術をすれば歩けなくなってしまう可能性がでてきた。この件をすぐさま両親に伝えるが、走太の夢を想う父・一郎(眞島秀和さん)は

「そんな手術、絶対に受けさせません」
「あの子の望みは陸上の世界で勝つことなんです。あの子にとってなにがベストかは親の私が一番理解しています」

と拒否。走太にも検査結果を明かさない方針を取る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中