2021年 12月 3日 (金)

阪神戦「スレスレ捕球」はアウトだったのか カープファン不満噴出「何のためのビデオ判定?」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球の阪神対広島戦の微妙判定がインターネットで物議をかもしている。

   広島は2021年10月18日、甲子園球場で阪神と対戦し1-2で敗れた。広島は2点ビハインドの8回に長野久義(36)のタイムリーで1点差に詰め寄り、無死1塁とチャンスが続いたが、これを生かせず接戦を落とした。

  • 接戦落としCS遠のく広島
    接戦落としCS遠のく広島
  • 接戦落としCS遠のく広島

レフト板山のダイレクトキャッチが物議

   インターネットで話題となったのは8回の広島の攻撃だ。長野のタイムリー後、無死1塁の場面で打席に代打・曾澤翼(33)が入った。

   曾澤は阪神2番手・岩崎優投手(30)の3球目を強振。打球はライナーでレフト方向に飛んでいった。これをレフト板山祐太郎(27)が地面すれすれでキャッチ。飛び出していた1塁走者・大盛穂(25)は1塁に戻ることができずダブルプレーとなった。

   ベンチの広島・佐々岡真司監督(54)は、レフト板山の微妙なプレーに対してリクエストを要求。しかしリプレー検証の結果、板山がダイレクトで捕球したと判断され、アウトの判定が覆ることはなかった。

   この微妙判定を巡りインターネットでは鯉党から不満の声が相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中