2021年 12月 4日 (土)

日本ホビーショー、存続危機でクラファン開始へ 目標300万円...2年連続中止で「出展料」期待薄

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   手作りを主軸とするホビーを通じ社会貢献していくことを目的に設立された一般社団法人日本ホビー協会が、「日本ホビーショー」の存続を目的としたクラウドファンディングを2021年10月27日から実施することが分かった。

   「日本ホビーショー」は、1976年から毎年開催されている世界最大級のハンドメイドホビーイベント。しかし新型コロナウイルス感染症が拡大した影響で、2020年から2年連続で中止となった。

  • 「世界最大級・ハンドメイドの祭典、開催から45年『日本ホビーショー』を存続させたい」を「CAMPFIRE」で実施する
    「世界最大級・ハンドメイドの祭典、開催から45年『日本ホビーショー』を存続させたい」を「CAMPFIRE」で実施する
  • 「世界最大級・ハンドメイドの祭典、開催から45年『日本ホビーショー』を存続させたい」を「CAMPFIRE」で実施する

「ハンドメイドの世界では、無くてはならないことである」

   日本ホビー協会は22年4月27日から29日にかけて、「日本ホビーショー」を東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催予定。それに先駆け、開催資金などを募るクラウドファンディング「世界最大級・ハンドメイドの祭典、開催から45年『日本ホビーショー』を存続させたい」をクラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」で実施する。

   J-CASTニュースの取材に対し、日本ホビー協会はイベント存続の意義をこう語る。

「日本ホビーショーは、ハンドメイド(手芸・クラフト)のイベントとして質、量ともに国内最大のイベントです。出展者も来場者も、年間の予定に組み込まれていることが多く、出展者の事業展開の側からも来場者の楽しみ・喜びの側からも大きな期待が寄せられています。
同じ場所に同じ時間に一堂に会することで、価値の交換を実現することは、特に自分の手をかけることで喜びを感じることができるハンドメイドの世界では、無くてはならないことであると考えています」

   ハンドメイドは一律の価値に縛られるものではないために商品や技術や人との出会いが大事だとして、リアルイベントの必要性を訴える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中